小学生から英語をスタート|身になる教育をしよう

女の子

学ぶだけが教室ではない

保育園

小学準備として、年長クラスでは幼児教室に通わせるのか、親にとって悩み事の1つです。成長に応じた内容でカリキュラムが組まれ、緩やかなレベルアップが図れる家庭内学習に、集団遊びや関係を築く学習を加えることでバランスが図れます。

小学校受験に向けて

児童と女性

東京では今も昔も小学校受験の人気が高いです。小学校受験の合格のためには、幼児教室に通うのが良いです。吉祥寺周辺は交通の便が良く、人気のエリアなのでたくさんの幼児教室があります。情報収集をして、自分の子供に合った幼児教室を探しましょう。

子どもの習い事

アルファベット

なぜ子どものうちからか

小学生は学習能力が高く正しい勉強方法で英語を学べば、習得できてしまいます。社会のグローバル化に伴い、英語の教育に力を入れる家庭も増えてきています。頭が柔らかいうちに英語に触れる習慣をつければよいのです。英会話スクールや学習塾に通う子供が増えてきていますが、楽しんで英語の勉強を継続できることが大切なこととなります。まだ勉強に慣れていない小学生には、何よりの勉強方法となります。一昔前までは単語や文法を丸暗記する勉強方法が主流でした。しかしそれでは小学生が興味を持つとは言えません。小学生は楽しくなければ勉強を辞めてしまうのです。そして、小学生は耳で英語を覚えることもできます。1日のうち数時間英語を耳にするだけで短期間でマスターできてしまうのです。そのため、スクールなどに通い生の英語を耳にして楽しみながら英語を勉強する小学生が増えてきています。周りの子供達と楽しみながら勉強することで、更なる相乗効果が期待できます。スクールなどに通い楽しみを覚えたら、家庭でも英語に触れる習慣を提供するとさらに効果が上がります。まずはお気に入りの洋画やアニメ映画の吹き替えなどを親と一緒に見てみて、楽しく英語に触れるのがよいでしょう。学ぶにあたり一番大切なことは楽しむことでもあります。楽しみ、興味を持つことでマスターへの道のりが速くなります。スクールや学習塾を選ぶにあたっては、いかに子供の興味をそそるような 授業を行っているか、通っている子供たちが楽しそうにしているかがポイントとなります。

幼児学習と施設の利用

男女

幼稚園や保育園などの施設を利用することで得られるメリットはたくさんあります。幼稚園によって力を入れている分野が異なるため、それぞれのメリットやデメリットを比較しながら子どもと親に合った施設を選びましょう。福岡県内では、時間外保育に対応している施設へのニーズが高まっています。